• Author安野光雅
  • Publisher朝日新聞出版
  • ISBN9784022505132
  • Publish Date2008年11月

語前語後

舞台は神田明神のウイルス除け祈願、中国・兵馬俑、アルザスの旅。世界を駆け巡り、とどまるところのない好奇心で綴る253編のミニエッセイ。巻末に数学者・森毅との“幻の対談”を収録。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • あふれでたのはやさしさだった / 奈良少年刑務所 絵本と詩の教室
  • まく子
  • ノースライト
  • 下世話の作法
  • カウンターの向こうの8月6日 / 広島バースワロウテイル「語り部の会」の4000日
  • 駄目な世代
  • 負うて抱えて
  • 私たちにはことばが必要だ / フェミニストは黙らない
  • あまからカルテット
  • 三世代探偵団 / 次の扉に棲む死神