• 著者姜尚美
  • 出版社幻冬舎
  • ISBN9784344425477
  • 発行2016年12月

京都の中華

餃子、春巻、酢豚…品書きは至って普通、しかし京都の中華はちょっと違う。にんにく控えめ、油控えめ、強い香辛料は使わない。だしのとり方が独特で、どの店も勘定がやさしい。花街で愛されてきた割烹式中華から、学生街のボリューム満点中華まで、この街の歴史や風習に合わせて変化してきた「京都でしか成り立たない味」のルーツを探索する。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 京都の平熱 / 哲学者の都市案内