• Author渡邉格
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062817141
  • Publish Date2017年3月

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」

パン屋になって考えた。劣悪な労働環境のおかしさ、腐らないパンのおかしさ。ならば自分は人と違うことをしよう。「菌本位」のパンづくり、そして働いただけ、働く人に還元できるパンづくり。そのために、よりよい場所を求め、岡山県・勝山へ。資本主義の未来は、この本に詰まっている。文庫化に際し、さらにビール造りの場を求めて鳥取・智頭町へ行ったその後の話も掲載。
発売直後から全国、そして海を越えて韓国でも大評判になった
新しい仕事と生活の提案の書、待望の文庫化。
30歳になるまで、空回りしていた「僕」の人生。
夢に出てきたじいちゃんの「おまえはパンをやりなさい」という不思議な言葉に一念発起。
そしてパン屋になって考えた。
劣悪な労働環境のおかしさ、腐らないパンのおかしさ。
ならば自分は人と違うことをしよう。
「菌本位」のパンづくり、そして働いただけ、働く人に還元できるパンづくり。
そのために、よりよい場所を求め、岡山県・勝山へ。
資本主義の未来は、この本に詰まっている。
文庫化に際し、さらにビール造りの場を求めて
鳥取・智頭町へ行ったその後の話も掲載。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • オードリー・タン自由への手紙
  • 地震と独身
  • ペン1本で心が落ち着くゼンタングル描き込みBOOK
  • 個人事業の教科書1年生 改訂版 / イラスト解説だから、はじめてでもスグできる オールカラー版
  • 勝手にふるえてろ
  • 最後の晩ごはん
  • 最後の晩ごはん
  • 最後の晩ごはん 旧友と焼きおにぎり
  • 最後の晩ごはん 黒猫と揚げたてドーナツ
  • 思い出が消えないうちに