• Author山中恒
  • Publisher岩波書店
  • ISBN9784001140866
  • Publish Date2001年6月

ぼくがぼくであること

優等生そろいの兄妹の中でひとりダメ息子の秀一。いや気がさした秀一は家出をして、不思議な事件に巻き込まれていく。見せかけだけの家庭や社会の姿を鋭く映す、力強い成長の物語。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 大人になるヒント
  • 失敗図鑑すごい人ほどダメだった!
  • よのなかルールブック / メシが食える大人になる!
  • 日本をだめにする40の悪法
  • 10年後の仕事図鑑 / 新たに始まる世界で、君はどう生きるか
  • 父へ母へ。100万回の「ありがとう」
  • 子どものための哲学対話 / 人間は遊ぶために生きている!
  • あなたが変わる「口ぐせ」の魔術 / 言葉の心理学・生理学
  • オリンピック・パラリンピック大百科 2
  • 生きるための哲学ニーチェ「超」入門