• Author東山彰良
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062937214
  • Publish Date2017年7月

一九七五年、台北。内戦で敗れ、台湾 に渡った不死身の祖父は殺された。誰に、どんな理由で? 無軌道に過ごす十七歳の葉秋生は、自らのルーツをたどる旅に出る。台湾から日本、そしてすべての答えが待つ大陸へ。激動の歴史に刻まれた一家の流浪と決断の軌跡をダイナミックに描く一大青春小説。選考委員満場一致、「二十年に一度の傑作」(選考委員の北方謙三氏)に言わしめた直木賞受賞作。
一九七五年、台北。内戦で敗れ、台湾に渡った不死身の祖父は殺された。誰に、どんな理由で? 無軌道に過ごす十七歳の葉秋生は、自らのルーツをたどる旅に出る。台湾から日本、そしてすべての答えが待つ大陸へ。激動の歴史に刻まれた一家の流浪と決断の軌跡をダイナミックに描く一大青春小説。選考委員満場一致、「二十年に一度の傑作」(選考委員の北方謙三氏)と言わしめた直木賞受賞作。
<文庫版の解説:ロバート・ハリス(作家・ラジオDJ)>

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • オリーヴ・キタリッジの生活
  • 去年の冬、きみと別れ
  • 掏摸
  • 木洩れ日に泳ぐ魚
  • illustration (イラストレーション) 2015年 03月号
  • 夜をゆく飛行機
  • 万引き家族
  • コンビニ人間
  • おじさん図鑑
  • すーちゃん