• Author村上慧
  • Publisher夕書房
  • ISBN9784909179005
  • Publish Date2017年4月

家をせおって歩いた

あの閉じ切った生活からの脱出を試みるのだ
ーー発泡スチロール製の白い家を担ぎ、日本国内を移動しながら生活した美術家の369日。
2011年、友人と借りたアトリエの鍵を受け取った日に、東日本大震災と福島第一原発事故が発生。「僕たちは閉じ込められている」――著者は3年後、自らのあり方を変えるべく、驚くべき移動生活を始めた。
これは、発泡スチロール製の家を担ぎ、徒歩で移動、毎晩出会った人の敷地に移住しながら絵を描き、考えつづけた著者の1年間の全記録である。
自らの足で歩き、見知らぬ人とかかわることによって見えてきた、日本の真の姿とは。
SNSで話題沸騰、各地方紙がこぞって報じ、小学生向け月刊かがく絵本「たくさんのふしぎ」も完売した、あの「歩く家」の真相が、いま明らかになる!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • あるかしら書店
  • 編集ども集まれ!
  • 海の見える理髪店
  • 晩夏のプレイボール
  • オオルリ流星群
  • 100年の旅
  • 愛なき世界 下
  • 少年記 (文春文庫)
  • 愛なき世界 上
  • 大河ドラマ 鎌倉殿の13人北条義時とその時代