• Author五木寛之
  • Publisher中央公論新社
  • ISBN9784121505859
  • Publish Date2017年7月

孤独のすすめ / 人生後半の生き方

老いにさしかかるにつれ、「孤独」を恐れる人は少なくありません。体が思うように動かず、外出もままならない。訪ねてくる人もおらず、何もすることがなく、世の中から何となく取り残されてしまったようで、寂しく不安な日々。けれども、歳を重ねれば重ねるほど、人間は「孤独」だからこそ豊かに生きられると実感する気持ちがつよくなってくるのです。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 博士の愛した数式
  • 検事の本懐
  • 百歳の力
  • 下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」
  • ささやかだけれど、役にたつこと
  • 東京から行くラクちん!絶景山歩き&ハイキング
  • 螢草
  • 鉄道員(ぽっぽや)
  • 老いる自分をゆるしてあげる。
  • 私の危険な本音