• Author紫式部 瀬戸内寂聴
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062756754
  • Publish Date2007年3月

源氏物語 巻3

帝の寵姫(ちょうき)・朧月夜の君との逢瀬がもとで謀反の咎めを受け、須磨へと都落ちする光源氏。わびしい流謫(るたく)の地で生まれて初めて挫折を味わうが、やがて明石の君と出会い……。帰京後は、藤壺の中宮との不義の子・冷泉(れいぜい)帝が即位。栄華の絶頂へと上り詰めて行く。
文化勲章受章記念
美しい現代語ですらすら読める 華麗なる王朝絵巻
人生の激しい浮き沈みが心を揺さぶる第三巻
帝の寵姫(ちょうき)・朧月夜の君との逢瀬がもとで謀反の咎めを受け、須磨へと都落ちする光源氏。わびしい流謫(るたく)の地で生まれて初めて挫折を味わうが、やがて明石の君と出会い……。帰京後は、藤壺の中宮との不義の子・冷泉(れいぜい)帝が即位。栄華の絶頂へと上り詰めて行く。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • あなたの悩みを解決する魔法の杖
  • かなしみはちからに / 心にしみる宮沢賢治のことば
  • 自分でできる足首矯正でやせた!きれいになった!痛みがとれた!
  • レインレイン・ボウ
  • 望遠ニッポン見聞録
  • ひざの痛い人が読む本 : 中高年の膝痛症からスポーツ障害まで
  • 光・天意(あい)の音
  • 土偶を読む / 130年間解かれなかった縄文神話の謎
  • 螢/納屋を焼く/その他の短編
  • ありがとう私のいのち / 星野富弘詩画集