• Author丹羽宇一郎
  • Publisher幻冬舎
  • ISBN9784344984622
  • Publish Date2017年7月

死ぬほど読書

もし、あなたがよりよく生きたいと望むなら、「世の中には知らないことが無数にある」と自覚することだ。すると知的好奇心が芽生え、人生は俄然、面白くなる。自分の無知に気づくには、本がうってつけだ。ただし、読み方にはコツがある。「これは重要だ」と思った箇所は、線を引くなり付箋を貼るなりして、最後にノートに書き写す。ここまで実践して、はじめて本が自分の血肉となる。伊藤忠商事前会長、元中国大使でビジネス界きっての読書家が、本の選び方、読み方、活かし方、楽しみ方を縦横無尽に語り尽くす。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 地平線の相談 / BOOK
  • おおさか原風景 水都再生へのパースペクティブ
  • 下流志向 / 学ばない子どもたち働かない若者たち
  • サードプレイス / コミュニティの核になる「とびきり居心地よい場所」
  • 政と源
  • 50過ぎたら、お金は賢く、心はぜいたく
  • 大黒屋光太夫 下巻
  • 大黒屋光太夫 上巻
  • 浪費するアメリカ人 : なぜ要らないものまで欲しがるか
  • 流星の絆