• 著者田中和雄
  • 出版社童話屋
  • ISBN9784887470033
  • 発行1998年11月

ポケット詩集

昔の少年は詩をよく読んだものだ。それも、とびきり上等の詩ばかりを、だ。そしてよく考え、「足る」を知った。みんなへっぴり腰を恥じて涼しげな目の下に、素朴な正義感をひそかにかくしていた。子どもよ、そして子どもの心を持った大人たちよ、この時代にとびきり志の高い詩を読みなさい。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 病気にならない生き方
  • 住井すゑ / 生きるとは創造すること
  • 北海道文学散歩 Ⅳ 道北編
  • 人生という旅
  • くさぐさの花
  • 心を贈る絵手紙入門
  • 年をとって、初めてわかること
  • 残りの雪 上巻
  • 若冲
  • 超訳空海の言葉

この本を寄贈した人