• 著者酒井隆史
  • 出版社青土社
  • ISBN9784791766284
  • 発行2011年12月

通天閣 / 新・日本資本主義発達史

将棋の王様・阪田三吉の軌跡と大大阪の空間性、新世界の荒廃と飛田遊廓、ジャンジャン町の隆盛。塔のみえる場所で、人々は彷徨い、遊び、闘い、そして何を生んだか。圧倒的密度で描く、大阪ディープサウス秘史。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • まちライブラリーのつくりかた / 本で人をつなぐ
  • 遠野物語
  • 宮本常一『忘れられた日本人』を読む
  • たのしいムーミン一家
  • おどろきの中国
  • 鉄道珍名所三十六景 関西編
  • ビブリア古書堂の事件手帖 4
  • ウンココロ / しあわせウンコ生活のススメ
  • イギリス「族」物語
  • お坊さんが隠すお寺の話