• Author新井紀子
  • Publisher東洋経済新報社
  • ISBN9784492762394
  • Publish Date2018年2月

AI vs.教科書が読めない子どもたち

東ロボくんは東大には入れなかった。AIの限界ーー。しかし、”彼”はMARCHクラスには楽勝で合格していた!これが意味することとはなにか? AIは何を得意とし、何を苦手とするのか? AI楽観論者は、人間とAIが補完し合い共存するシナリオを描く。しかし、東ロボくんの実験と同時に行なわれた全国2万5000人を対象にした読解力調査では恐るべき実態が判明する。AIの限界が示される一方で、これからの危機はむしろ人間側の教育にあることが示され、その行く着く先は最悪の恐慌だという。では、最悪のシナリオを避けるのはどうしたらいいのか? 最終章では教育に関する専門家でもある新井先生の提言が語られる。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • おじいさんならできる
  • 嫌われる勇気 / 自己啓発の源流「アドラー」の教え
  • 蛇を踏む
  • なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか!?
  • 妊娠カレンダー
  • さよなら妖精
  • ノックの音が
  • 銀河鉄道の夜
  • Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2011年 04月号 [雑誌]
  • 愛なき世界