• Author東野圭吾
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784163688107
  • Publish Date2007年1月

たぶん最後の御挨拶

史上2番目の若さで乱歩賞を受賞、大阪から上京し、作家として順調な滑り出しだったはずが…。文学賞落選記録15回。「秘密」でブレイクするまで10年、6回目の候補で直木賞を受賞するまで20年の日々。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 放課後
  • 調毒師を捜せ / アルバイト探偵
  • いのちのハードル / 「1リットルの涙」母の手記
  • 秘密
  • さまよう刃
  • 魔球
  • マスカレード・イブ
  • 禁断の魔術
  • 明日の記憶
  • 失はれる物語