• Authorスーザン・ケイン 古草秀子
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062178594
  • Publish Date2013年5月

内向型人間の時代 / 社会を変える静かな人の力

ビル・ゲイツもガンジーもウォズニアックもみんな内向型人間だった! 内向型の人とは、喋るよりも他人の話を聞き、パーティで騒ぐよりも一人で読書をし、自分を誇示するよりも研究にいそしむことを好む人のこと。社交的で自己主張が激しい外向型のイメージがあるアメリカ人だが、実際にはその三分の一が内気でシャイな内向型。本書は、内向型が直面する数々の問題を浮き彫りにするとともに、内向型の強みと魅力を明らかにする。
ビル・ゲイツもガンジーもウォズニアックもみんな内向型人間だった!
内向型の人とは、喋るよりも他人の話を聞き、パーティで騒ぐよりも一人で読書をし、自分を誇示するよりも研究にいそしむことを好む人のことだ。アメリカ人と言えば、社交的で自己主張が激しそうなイメージがあるが、実際にはその三分の一が内気でシャイな内向型だという。これはアメリカに限ったことではない。
外向型が重視されるアメリカにおいては、内向型の存在感は薄く、出世競争でも不利になりがちだ。本書は、内向型が直面する数々の問題を浮き彫りにするとともに、あまり顧みられることのない内向型の強みと魅力を明らかにし、その個性を伸ばして生かす方法を模索する。
同時に、外向型の欠点や問題点を挙げ、外向型の人は企業のトップにふさわしいか、チームで作業するやり方は本当に効率的なのか、などの問題も議論する。現代アメリカ社会の内部分裂を浮き彫りにする衝撃のドキュメント。
全米ベストセラー

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 人間の建設
  • 〆切本
  • キャリアポルノは人生の無駄だ
  • ペット・サウンズ
  • 神様からひと言 / 長編小説
  • イギリスはかしこい
  • 道頓堀川
  • ほぼ日刊イトイ新聞の本
  • 壁男
  • 今日もていねいに。 / 暮らしのなかの工夫と発見ノート

Presented by