• Author荻原浩
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784101230344
  • Publish Date2009年1月

押入れのちよ

失業中サラリーマンの恵太が引っ越した先は、家賃3万3千円の超お得な格安アパート。しかし一日目の夜玄関脇の押入れから「出て」きたのは、自称明治39年生れの14歳、推定身長130cm後半の、かわいらしい女の子だった(表題作「押入れのちよ」)。ままならない世の中で、必死に生きざるをえない人間(と幽霊)の可笑しみや哀しみを見事に描いた、全9夜からなる傑作短編集。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • ルミとマヤのとその周辺 2
  • ルミとマヤとその周辺 1 新装版
  • スウィート・ヒアアフター
  • 富士山
  • 〈あの絵〉のまえで
  • 陰日向に咲く
  • それでも空は青い
  • 沈黙入門
  • ミニマリスト、41歳で4000万円貯める / そのきっかけはシンプルに暮らすことでした。
  • その日のまえに