• Author宮部みゆき
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784101369440
  • Publish Date2017年12月

悲嘆の門 下

おまえは後悔する――。度重なる守護戦士の忠告に耳を貸さず、連続切断魔の特定に奔走する三島孝太郎。なぜ、惨劇は起きたのか。どうして、憎しみは消えないのか。犯人と関わる中で、彼の心もまた、蝕まれていく。そうした中、妹の友人・園井美香の周囲で積み重な った負の感情が、新たな事件を引き起こす。都築の、ユーリの制止を振り切り、孝太郎が辿りついた場所。〈悲嘆の門〉が、いま開く。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • かがみの孤城
  • 人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない
  • ボクたちはみんな大人になれなかった
  • 本所おけら長屋 2
  • おばけなんてこわくない
  • カボチャありがとう
  • ミニーのたのしいドライブ
  • めっきらもっきらどおんどん
  • カンカンカンでんしゃがくるよ
  • すべてのドアは、入り口である。 / 現代アートに親しむための6つのアクセス