• Author幸村誠
  • Publisher講談社
  • ISBN9784063289374
  • Publish Date2004年2月

プラネテス 4

2070年代、人間は地球圏を月面にまでようやく押し広げていた。
夢とエゴに満ちた航宙士志望の青年・星野八郎太(通称ハチマキ)の成長を軸に描く、「惑う人々(プラネテス)」たちの物語。「SF」を一段階進めた大傑作。
2002年度星雲賞コミック部門受賞。2003年にはNHKでアニメ放送開始。そのアニメも2005年度星雲賞メディア部門受賞。同賞の原作・アニメのW受賞は『風の谷のナウシカ』以来だと評判になった。
ハチマキが去ったあと、密度を増すばかりのデブリに疲弊を極める回収船のスタッフたち。彼らの与り知らぬ場所で、宇宙初の本格機雷戦が始まろうとしていた。往還船開発計画責任者ウェルナー・ロックスミス。計画の成功とひきかえに、多くの恨みを背負った。恩師に救いを求めに行った彼は、カーラジオからの声に耳をそばだてる。ーーオレ……僕は木星往還船フォン・ブラウン号乗組員、星野八郎太です。いま、木星にいます……

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 悲しみを力に / ダウン症の書家、心を照らす贈りもの
  • 君と宇宙を歩くために 2
  • プラネテス 1
  • プラネテス 2
  • プラネテス 3
  • 音楽と生命
  • 親友の「同棲して」に「うん」て言うまで
  • 女は年を重ねるほど自由になる
  • プラネテス 1
  • プラネテス 2

Presented by