• Author平岩弓枝
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784167168537
  • Publish Date1991年9月

御宿かわせみ 11 二十六夜待の殺人 / 御宿かわせみ11

二十六日の月の出を待ち一句ひねろうと、同好の士と目白不動へ出かけた俳諧師が川に浮かぶ。傍らに半紙にしたためた不出来な句が残っていた-。表題作ほか7篇。柳橋の旅篭「かわせみ」を舞台に、女主人のるいと年下の恋人・神林東吾、親友の八丁堀同心・畝源三郎たちが繰り広げる江戸情緒ゆたかな人情捕物帳。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 日日是好日 / 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ
  • 天切り松闇がたり 第1巻
  • 告白
  • 泳ぐのに、安全でも適切でもありません
  • くちぶえ番長
  • ナミヤ雑貨店の奇蹟
  • 真夏の方程式
  • 愛という字
  • 押入れのちよ
  • 女のそろばん