• Author池井戸潤
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062754132
  • Publish Date2006年6月

BT ’63 上

父が遺した謎の鍵を手にすると、大間木琢磨の視界に広がるのは、40年前の風景だった。若き日の父・史郎が体験した運送会社での新事業開発、秘められた恋……。だが、凶暴な深い闇が史郎に迫っていた。心を病み妻に去られた琢磨は自らの再生をかけ、現代に残る父の足跡を調べる――。父と息子の感動長編。
「物語」のすべてが Back To
現代から過去へ 父から息子へ
記憶の鍵 喪失と再生 崩壊する家庭
父が遺した謎の鍵を手にすると、大間木琢磨の視界に広がるのは、40年前の風景だった。若き日の父・史郎が体験した運送会社での新事業開発、秘められた恋……。だが、凶暴な深い闇が史郎に迫っていた。心を病み妻に去られた琢磨は自らの再生をかけ、現代に残る父の足跡を調べる――。父と息子の感動長編。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 人間小唄
  • 引っ越し大名三千里
  • ふたりの花見弁当 / 食堂のおばちゃん 4
  • 季節風 春
  • 花競べ / 向嶋なずな屋繁盛記
  • 本日は、お日柄もよく
  • 風のマジム
  • まぐだら屋のマリア
  • キケン
  • 名もなき毒