• Author北康利
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062129671
  • Publish Date2005年8月

白洲次郎占領を背負った男

「不思議な存在感の持ち主――。それが、白洲次郎氏であった。その人物がどんな風に育ち、人格を形成していったかを、話題豊かに展開していく快著である」
城山三郎氏、本書を推す!
ある超名門ゴルフ・クラブのテラス。その大長老ともいえる人物に声をかけられ、私はその隣の椅子に。著名な政治家や財界人などが会釈するのに対し、その人物は軽くうなずくだけ。それに見合う不思議な存在感の持ち主。それが白洲次郎氏であった。この人の出自も結婚も、華やかそのもの。平然と官界、政界、財界、それに軍とも闘う。よく見て、監督し続ける。トヨタのトップには、「かけがえのない車を目指せ」とアドバイスし、政府に対しては、「何で勝手に勲何等とか決めることができるのか」と。その人物がどんな風に育ち、人格を形成していったかを、話題豊かに展開していく快著である。
城山三郎
第14回山本七平賞 受賞

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 遺文 / 吉原裏同心21 長編時代小説
  • 政界汚染 / 警視庁公安部・青山望
  • 愛憎 / 吉原裏同心15 長編時代小説
  • 邂逅 / 警視庁失踪課・高城賢吾
  • 闇夜 / 警視庁失踪課・高城賢吾
  • 暴れ彦四郎 新装版 / 鎌倉河岸捕物控4の巻
  • 小説日本婦道記 改版
  • ながい坂 下巻 改版
  • ながい坂 上巻 改版
  • 床下仙人 / 新奇想小説