• Author北康利
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062129671
  • Publish Date2005年8月

白洲次郎占領を背負った男

「不思議な存在感の持ち主――。それが、白洲次郎氏であった。その人物がどんな風に育ち、人格を形成していったかを、話題豊かに展開していく快著である」
城山三郎氏、本書を推す!
ある超名門ゴルフ・クラブのテラス。その大長老ともいえる人物に声をかけられ、私はその隣の椅子に。著名な政治家や財界人などが会釈するのに対し、その人物は軽くうなずくだけ。それに見合う不思議な存在感の持ち主。それが白洲次郎氏であった。この人の出自も結婚も、華やかそのもの。平然と官界、政界、財界、それに軍とも闘う。よく見て、監督し続ける。トヨタのトップには、「かけがえのない車を目指せ」とアドバイスし、政府に対しては、「何で勝手に勲何等とか決めることができるのか」と。その人物がどんな風に育ち、人格を形成していったかを、話題豊かに展開していく快著である。
城山三郎
第14回山本七平賞 受賞

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 赤ちゃんと脳科学
  • 親の家を片づける / ある日突然膨大な老親の荷物や家の整理と処分があなたの身に降りかかってきたら、どうしますか?
  • 大好きなことをやって生きよう! / 才能の見つけ方、育て方
  • 紀行「赤毛のアン」 / プリンス・エドワード島の人々
  • カナダでロングステイ
  • 栗原さんちのおやつの本 / 食べたいときにすぐできる
  • 台湾の主張
  • たれ・ソース / まとめて作って得した気分!
  • ワイン。
  • サービスできないドイツ人、主張できない日本人