• 著者髙田郁
  • 出版社角川春樹事務所
  • ISBN9784758435284
  • 発行2011年3月

小夜しぐれ / みをつくし料理帖

季節が春から夏へと移ろい始める卯月のある日。日本橋伊勢屋の美緒がつる家を訪れ、澪の顔を見るなり泣き始めた。美緒の話によると、伊勢屋の主・九兵衛が美緒に婿をとらせるために縁談を進めているというのだ。それは、美緒が恋心を寄せる医師、源斉との縁談ではないらしい。果たして、美緒の縁談の相手とは!?-(第三話『小夜しぐれ』)。表題作の他、つる家の主・種市と亡き娘おつるの過去が明かされる『迷い蟹』、『夢宵桜』、『嘉祥』の全四話を収録。恋の行方も大きな展開を見せる、書き下ろし大好評シリーズ第五弾。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 子どもの季節
  • どっちかな?
  • にじいろガーデン
  • 約束の冬 下
  • 約束の冬 上
  • あきない世傳金と銀 三
  • おウチでぬか漬け / 乳酸菌でカラダいきいき!
  • あきない世傳金と銀
  • あきない世傳金と銀 ニ
  • ヴァラエティ