• Author乗代雄介
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062208437
  • Publish Date2017年11月

本物の読書家

書物への耽溺、言葉の探求、読むことへの畏怖。群像新人文学賞受賞作『十七八より』で瞠目のデビューを遂げた、新鋭にして究極の読書家、待望の新刊!表題作のほかに「未熟な同感者」を収録。
書物への耽溺、言葉の探求、読むことへの畏怖。
群像新人文学賞受賞作『十七八より』で瞠目のデビューを遂げた、新鋭にして究極の読書家、待望の新刊!
傑作中編2作品を収録。
老人ホームに向かう独り身の大叔父に同行しての数時間の旅。大叔父には川端康成からの手紙を持っているという噂があった。同じ車両に乗り合わせた謎の男に、私の心は掻き乱されていく。大変な読書家らしい男にのせられ、大叔父が明かした驚くべき秘密とは。――「本物の読書家」
なりゆきで入った「先生」のゼミで、私は美少女・間村季那と知り合う。サリンジャー、フローベール、宮沢賢治らを巡る先生の文学講義、季那との関係、そして先生には奇妙な噂が……。たくらみに満ちた引用のコラージュとストーリーが交錯する意欲作。――「未熟な同感者」

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 「白」の表現
  • 裁判官の爆笑お言葉集
  • 「菜根譚」の裏を読む
  • マンガ生涯投資家
  • 元彼の遺言状
  • 覚悟の磨き方 / 超訳吉田松陰
  • 目で見る数学 / 美しい数・形の世界
  • 最新版歌舞伎の解剖図鑑
  • 思考の整理学
  • 象は鼻が長い / 日本文法入門