• Author重松清
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062937788
  • Publish Date2017年10月

なぎさの媚薬 上

「わたしを買ってくれませんか?」――透き通るように白い肌、吸い込まれそうに深い瞳、まるくやわらかな声。伝説の娼婦なぎさは、自分を本当に必要とする客の前だけに現れる。なぎさとの甘美な時間の合間に男が見るのは、あまりにもリアルな、青春時代の自分と女性たちとの夢。切なさに満ちた官能恋愛小説。
男を青春時代に
戻してくれる、
伝説の娼婦がいるという。
甘くてときに残酷な、「性」と救済を描いた傑作長編小説!
「わたしを買ってくれませんか?」――透き通るように白い肌、吸い込まれそうに深い瞳、まるくやわらかな声。伝説の娼婦なぎさは、自分を本当に必要とする客の前だけに現れる。なぎさとの甘美な時間の合間に男が見るのは、あまりにもリアルな、青春時代の自分と女性たちとの夢。切なさに満ちた官能恋愛小説。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • お友だちからお願いします
  • 東京近江寮食堂
  • ツバキ文具店
  • 愛なんて嘘
  • 漢方小説
  • ねじまき片想い
  • 星のかけら
  • ぼくは勉強ができない
  • 紙の城
  • 風の中のマリア