• Author井上真偽
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062938532
  • Publish Date2018年2月

その可能性はすでに考えた

山村で起きたカルト宗教団体の斬首集団自殺。唯一生き残った少女には、首を斬られた少年が自分を抱えて運ぶ不可解な記憶があった。首無し聖人伝説の如き事件の真相とは? 探偵・上苙丞(うえおろじょう)はその謎が奇蹟であることを証明しようとする。論理(ロジック)の面白さと奇蹟の存在を信じる斬新な探偵にミステリ界激賞の話題作。
第16回 本格ミステリ大賞候補
ミステリが読みたい! 2016年版(早川書房)
2016本格ミステリ・ベスト10(原書房)
このミステリーがすごい! 2016年版(宝島社)
週刊文春ミステリーベスト10 2015年(文藝春秋)
読者に勧める黄金の本格ミステリー(南雲堂)
キノベス!2016(紀伊國屋書店)
次々とランクインを果たした注目作がついに文庫化!
山村で起きたカルト宗教団体の斬首集団自殺。
唯一生き残った少女には、首を斬られた少年が自分を抱えて運ぶ不可解な記憶があった。
首無し聖人伝説の如き事件の真相とは? 
探偵・上苙丞(うえおろじょう)はその謎が奇蹟であることを証明しようとする。
論理(ロジック)の面白さと奇蹟の存在を信じる斬新な探偵にミステリ界激賞の話題作。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • いつもが消えた日 / お蔦さんの神楽坂日記
  • 地下鉄に乗って
  • 放課後
  • 正義をふりかざす君へ
  • にじいろガーデン
  • あの日にドライブ
  • 夜明けの街で
  • 護られなかった者たちへ
  • 慈雨
  • 検事の死命