• Author白川紺子
  • Publisher集英社
  • ISBN9784086801881
  • Publish Date2018年4月

後宮の烏

後宮の奥深くに、妃でありながら夜伽をすることのない、「烏妃」と呼ばれる特別な妃が住んでいる。
その姿を見た者は、老婆であると言う者もいれば、うら若い少女だったと言う者もいた。
彼女は不思議な術を使い、呪殺から失せ物探しまで、頼めばなんでも引き受けてくれるという――。
ある夜、時の皇帝・高峻が、烏妃のもとに訪れる。
拾った翡翠の耳飾りに女の幽霊が取り憑いており、その正体を知りたいと言うのだが……。
少年時代、生母を皇太后に殺され、廃太子となって辛酸を舐めた皇帝、高峻。
神に選ばれし者と言われ、皇帝をして「誰も烏妃には命令できない」と言わしめる存在として生きる寿雪。
二人の巡り合わせは、歴史をも覆す「秘密」を暴くことになる……!
大ヒット『下鴨アンティーク』の著者がおくる、圧倒的中華幻想譚、開幕!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • やせるおかず 作りおき / 著者50代、1年で26キロ減、リバウンドなし!
  • 住宅建築家三人三様の流儀 / 中村好文 竹原義二 伊礼智
  • 村上海賊の娘 上巻
  • おとなの教養 / 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?
  • 蜜蜂と遠雷
  • ド・ローラ節子の和と寄り添う暮らし
  • 評判ペンションの秘密の味 やさしいお菓子づくり
  • 本日は、お日柄もよく
  • まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本 / バターも生クリームも使わない、からだにやさしいお菓子レシピ
  • 夏を喪くす