• Author八木沢里志
  • Publisher小学館
  • ISBN9784094086720
  • Publish Date2011年12月

森崎書店の日々 続

本の街・神保町で近代文学を扱う古書店「森崎書店」。叔父のサトルが経営するこの店は二年前失意に沈んでいた貴子の心を癒してくれた場所だ。いまでは一時期出奔していた妻の桃子も店を手伝うようになり、貴子も休みの日のたび顔を見せていた。店で知り合った和田との交際も順調に進んでいたが、ある日、貴子は彼が喫茶店で昔の恋人と会っているのを目撃してしまう。一方、病後の桃子を労う様子のない叔父を目にし、貴子は夫婦での温泉旅行を手配するが、戻って来てから叔父の様子はどこかおかしくて…。書店を舞台に、やさしく温かな日々を綴った希望の物語。映画化された「ちよだ文学賞」大賞受賞作品の続編小説。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 天国旅行
  • ヨーコさんの“言葉” わけがわからん
  • 大家さんと僕これから
  • 大家さんと僕
  • 生きるはたらくつくる
  • なんで僕に聞くんだろう。
  • ローカル鉄道という希望 / 新しい地域再生、はじまる
  • 森崎書店の日々
  • エール! 1
  • コーヒーが冷めないうちに