• 著者浅田次郎
  • 出版社新潮社
  • ISBN9784101019284
  • 発行2017年11月

ブラックオアホワイト

「どうぞお試しくださいませ。ブラック・オア・ホワイト?」スイスの湖畔のホテルで、バトラーが差し出した二つの枕。パラオ、ジ ャイプール、北京、そして京都。エリート商社マンに人生の転機が訪れる度に、黒と白の枕が現れる。悪夢、それとも美しい夢。それは、実現しなかった人生の一部分なのか。夢と現の境は曖昧になり、夢が現実を呑み込んでいく。現代日本の実像に迫る、渾身の長編小説。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • ザ・原発所長 上
  • ザ・原発所長 下
  • みかづき
  • 将来の夢なんか、いま叶えろ。 / 堀江式・実践型教育革命
  • ネガティブな人ほど運がいい!?
  • 冬姫
  • 心屋仁之助最初で最後の講演録
  • 「めんどくさい」がなくなる本 / 読んだらスッとラクになる
  • 本願寺はなぜ東西に分裂したのか
  • 太陽のパスタ、豆のスープ