• Author鹿島茂/著
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784106036507
  • Publish Date2009年-1月

パリの日本人

明治の元勲・西園寺公望、江戸最後の粋人・成島柳北、平民宰相・原敬、誤解された画商・林忠正、宮様総理・東久邇宮稔彦、京都出身の実業家・稲畑勝太郎、山の手作家・獅子文六、妖婦・宮田(中平・武林)文子…。パリが最も輝いていた時代、訪れた日本人はなにを求め、どんな交流をしていたのか。幕末以降の留学生がフランスから「持ち帰ったもの」を探る。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 英国一家、日本を食べる
  • 生きるって、なに? 第2版
  • たしなみについて
  • 風のマジム
  • 太陽の棘
  • 還暦のシンデレラガール
  • ロマンシエ
  • ジヴェルニーの食卓
  • まぐだら屋のマリア
  • 大阪「映画」事始め