• Author山崎章郎
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784106038242
  • Publish Date2018年3月

「在宅ホスピス」という仕組み

最期は自分の家で、自分らしく逝きたい! 2025年、団塊の世代が75歳を超える7年後には年間100万人の介護者と150万人の病死者が日常となる。病院のベッドは不足し、「死に場所難民時代」がやって来る。自宅で最期を迎えることが当たり前になる時、本人と家族は何を知っておくべきか。終末医療の第一人者による、慣れ親しんだ場所で尊厳ある死を迎えるための教科書。

>> 続きを表示
    •  
    • This book can be read at
    • Borrowed People