• Author筒井康隆
  • Publisher中央公論新社
  • ISBN9784122022874
  • Publish Date1995年4月

残像に口紅を

「あ」が使えなくなると、「愛」も「あなた」も消えてしまった。世界からひとつ、またひとつと、ことばが消えてゆく。愛するものを失うことは、とても哀しい…。言語が消滅するなかで、執筆し、飲食し、講演し、交情する小説家を描き、その後の著者自身の断筆状況を予感させる、究極の実験的長篇小説。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 少女漫画家「家」の履歴書
  • くるまの娘
  • 出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと
  • いちばんやさしい 西洋美術の本
  • 強運の持ち主
  • 大人のおしゃれ手帖 2019年 07月号
  • 百花
  • 風と共に去りぬ 第1巻
  • 孤独を生ききる
  • 「体を温める」と病気は必ず治る