• Authorリチャード・ドーキンス 日高敏隆
  • Publisher紀伊国屋書店
  • ISBN9784314005562
  • Publish Date1991年2月

利己的な遺伝子 / 増補改題『生物=生存機械論』

本書は、動物や人間社会でみられる親子の対立と保護、兄弟の闘い、雄と雌の闘い、攻撃やなわばり行動などの社会行動がなぜ進化したかを説き明かしたものである。著者は、この謎解きに当り、視点を個体から遺伝子に移し、自らのコピーを増やそうとする遺伝子の利己性から、説明を試みる。大胆かつ繊細な筆運びで、ここに利己的遺伝子の理論は完成した。

>> 続きを表示