• Author梨木香歩
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784101253336
  • Publish Date2002年1月

からくりからくさ

祖母が遺した古い家に女が四人、私たちは共同生活を始めた。糸を染め、機を織り、庭に生い茂る草が食卓にのる。静かな、けれどたしかな実感に満ちて重ねられてゆく日々。やさしく硬質な結界。だれかが孕む葛藤も、どこかでつながっている四人の思いも、すべてはこの結界と共にある。心を持つ不思議な人形「りかさん」を真ん中にして-。生命の連なりを支える絆を、深く心に伝える物語。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 青が散る
  • このあたりの人たち
  • 星がひとつほしいとの祈り
  • それからはスープのことばかり考えて暮らした
  • つむじ風食堂と僕
  • 翔ぶ少女
  • 美しき愚かものたちのタブロー
  • 記憶とつなぐ 若年性認知症と向き合う私たちのこと
  • 星野源ふたりきりで話そう
  • 風になる / 自閉症の僕が生きていく風景