• Author保坂和志
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784101449227
  • Publish Date1998年8月

この人の閾

「汚くしてるけどおいでよ、おいでよ」というので、およそ十年ぶりに会ったこの人は、すっかり「おばさん」の主婦になっていた。でも、家族が構成する「家庭」という空間の、言わば隙間みたいな場所にこの人はいて、そのままで、しっくりとこの人なのだった…。芥川賞を受賞した表題作をはじめ、木漏れ日にも似たタッチで「日常」の「深遠」へと誘う、おとなのための四つの物語-。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 深い河(ディープ・リバー)
  • 日の名残り
  • 漁港の肉子ちゃん
  • 熟眠の本 / なかなか眠れない人のための
  • 城崎・天橋立 2004 / 丹後半島・湯村温泉
  • 椅子 / しあわせの分量
  • 人間は、人を助けるようにできている
  • こうふくみどりの
  • ボクたちはみんな大人になれなかった
  • 風の歌を聴け