• Author白石一文
  • Publisher角川書店
  • ISBN9784043720019
  • Publish Date2003年8月

一瞬の光

三十八歳という若さで日本を代表する企業の人事課長に抜擢されたエリート・橋田浩介。彼は、男に絡まれていたところを助けたことがきっかけで、短大生・中平香折と知り合う。社内での派閥抗争に翻弄されるなか、橋田にとって彼女の存在は日増しに大きくなっていった。橋田は、香折との交流を通じて、これまでの自分の存在意義に疑問を感じ、本当に大切なことを見いだしていくのだった…。-混沌とした現代社会の中で真に必要とされるものは何かを問う、新たなる物語。各紙誌書評で絶賛と感動の声を集めた気鋭のデビュー作、待望の文庫化。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • ひとを〈嫌う〉ということ
  • 本当はちがうんだ日記
  • 女子の古本屋
  • 赤い指
  • 死んでいない者
  • ランチのアッコちゃん
  • 終わった人
  • ビブリオバトル / 本を知り人を知る書評ゲーム
  • お任せ!数学屋さん
  • わが人生観 岡潔