• Author森鴎外
  • Publisher集英社
  • ISBN9784087520286
  • Publish Date1992年9月

高瀬舟

島送りの罪人を乗せ夜の川を下る高瀬舟。しかし実の弟を殺したその男の顔は晴れやかに、月を仰ぐ目は輝いていた。なぜ…。精美な日本語で鴎外で描く人間の不可思議。これは安楽死をめぐる永遠の矛盾として現代人の中にも生きている。表題作の他「阿部一族」「山椒大夫」「寒山拾得」など後期の代表作を収録。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 本を守ろうとする猫の話
  • グーグーだって猫である / 小説版
  • 無人駅で君を待っている
  • 冬のデナリ
  • 現代日本の文学 (2‐1)
  • 黒猫の小夜曲
  • 君の膵臓をたべたい
  • (図書館版)世界史で読み解く現代ニュース
  • 5分後に意外な結末ex / 白銀の世界に消えゆく記憶
  • 5分後に意外な結末ex アクアマリンからあふれる涙