• Author彩瀬まる
  • Publisher実業之日本社
  • ISBN9784408554020
  • Publish Date2018年2月

桜の下で待っている

面倒だけれど愛おしい「ふるさと」をめぐる感動作-郡山、仙台、花巻…桜前線が日本列島を北上する4月、新幹線で北へ向かう男女5人それぞれの行く先で待つものは-。実家との確執、地元への愛着、生をつなぐこと、喪うこと…複雑にからまり揺れる想いと、ふるさとでの出会いをあざやかな筆致で描く。注目の気鋭作家が丁寧に紡いだ、心のひだの奥底まで沁みこんでくる「はじまり」の物語。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 大阪カフェ日和 / すてきなCAFEさんぽ
  • テーブルの上のしあわせ
  • 私のご飯がまずいのはお前が隣にいるからだ 1
  • 日帰り名人 おいしく休日。 / 関西版
  • 50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算
  • 桜風堂ものがたり
  • 123人の家 VOL.2
  • 彼女の家出
  • ヴァン・ショーをあなたに
  • あなたが母親の手料理を食べられる回数は、残り328回です。