• Author西條奈加
  • Publisher東京創元社
  • ISBN9784488430122
  • Publish Date2016年8月

いつもが消えた日 / お蔦さんの神楽坂日記

中学3年生の滝本望は祖母と神楽坂でふたり暮らしをしている。芸者時代の名前でお蔦さんと呼ばれる祖母は、気が強く面倒くさがりだけれど、ご近所衆から頼られる人気者だ。ある日、幼なじみの洋平と同級生の彰彦、後輩の有斗が滝本家を訪れていた。夕飯をお腹いっぱい食べ、サッカー談議に花を咲かせたにぎやかな夜。しかしその夜、息子ひとりを残して有斗の家族は姿を消した。神楽坂一家3人行方不明事件は大きく報道され、一家が抱える秘密が明らかに――。街に不穏な空気が立ちこめるとき、お蔦さんの啖呵が神楽坂に響く。粋と人情と望が作る美味しい料理が詰まったシリーズ第2弾。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 黄金雛 / 羽州ぼろ鳶組零
  • きれいな色とことば
  • スーツケースの半分は
  • 双風神 / 羽州ぼろ鳶組 9
  • 桜の下で待っている
  • くらまし屋稼業
  • 玉麒麟 / 羽州ぼろ鳶組 8
  • 狐花火 / 羽州ぼろ鳶組 7
  • ヒカルの卵
  • 海の見える街