• Author木暮太一
  • Publisher星海社
  • ISBN9784061385160
  • Publish Date2012年4月

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?

マルクスと金持ち父さんが教えてくれた“目指すべき働き方”
私は、大学時代に経済学の古典『資本論』と、お金の哲学を扱った世界的ベストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』を深く読み込むことで、その後の人生が大きく変わりました。実はこの2冊は全く同じことを言っています。それは、資本主義経済の中で私たち“労働者”が必然的に置かれている状況についてであり、そこから考え始めることで、どういう「働き方」を選択すればラットレースに巻き込まれず、幸せに暮らしていけるかがよくわかるのです。今の働き方に疑問を持っているのであれば、転職や独立、ワークライフバランスを考えても意味はありません。しんどい働き方は、もっと根本的なところから考え、変えていかないといけないのです。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 岡山女
  • この本を盗む者は
  • 孤狼の血
  • 「定年後マネー」は二極化する / 公的年金・貯金・退職金では不足する時代の“自分年金”のつくり方
  • 螻蛄
  • 命がけの証言
  • 人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか
  • 自由をつくる自在に生きる
  • 老いのゆくえ
  • 定年後 / 50歳からの生き方、終わり方