• Author太宰治
  • Publisher角川書店
  • ISBN9784041099124
  • Publish Date2007年6月

人間失格/桜桃 〔平成19年〕改版

「恥の多い生涯を送って来ました。自分には、人間の生活というものが、見当つかないのです」青森の大地主の息子であり、廃人同様のモルヒネ中毒患者だった大庭葉蔵の手記を借りて、自己の生涯を壮絶な作品に昇華させた太宰文学の代表作品。「いまは自分には、幸福も不幸もありません。ただ、一さいは過ぎて行きます」ほかに、家族の幸福を願いながら、自らの手で崩壊させる苦悩を描いた「桜桃」も収録。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • たくさんのふしぎ 1987/08 (29)
  • 14ひきのおつきみ
  • BE‐KUWA(ビー・クワ) No.68 2018年 08月号
  • ナショナルジオグラフィック1999年6月号
  • おひるねじかんにまたどうぞ
  • 三びきのこぶた
  • ノンタンがんばるもん
  • ぼく、仮面ライダーになる!フォーゼ編
  • 月のしずく
  • クワガタムシ カブトムシ