• Author江國香織
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784101339221
  • Publish Date2006年7月

号泣する準備はできていた

私はたぶん泣きだすべきだったのだ。身も心もみちたりていた恋が終わり、淋しさのあまりねじ切れてしまいそうだったのだから-。濃密な恋がそこなわれていく悲しみを描く表題作のほか、17歳のほろ苦い初デートの思い出を綴った「じゃこじゃこのビスケット」など全12篇。号泣するほどの悲しみが不意におとずれても、きっと大丈夫、切り抜けられる…。そう囁いてくれる直木賞受賞短篇集。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • しんかんせん・とっきゅう101大しゅうごう
  • ルラルさんのバイオリン
  • 烈車戦隊トッキュウジャーなぞとふしぎ110
  • ダメ!
  • おたすけこびとのクリスマス
  • STAP細胞はなぜ潰されたのか / 小保方晴子『あの日』の真実
  • 有頂天家族二代目の帰朝
  • 恋文の技術
  • 無垢の木でリフォーム
  • きかんしゃトーマスキャラクターコレクション / きかんしゃトーマスとなかまたち