• Author内田康夫
  • Publisher実業之日本社
  • ISBN9784408550510
  • Publish Date2011年10月

砂冥宮

文豪・泉鏡花の小説『草迷宮』のモデルになった神奈川県三浦半島の旧家でルポライター浅見光彦が取材をした老人は、「金沢へ行く」と言い残して数日後、歌舞伎の「勧進帳」で知られる石川県「安宅の関」で死体となって発見された。浅見は死の真相に近づくため金沢へ向かうが、老人の足跡は意外な場所で途切れていた…。傑作旅情ミステリー、待望の初文庫化。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 白痴 上巻 改版
  • 罪と罰 下巻 改版
  • 陸中海岸殺意の旅
  • 十津川警部「狂気」
  • 検察側の罪人 下
  • 検察側の罪人 上
  • 蜜蜂と遠雷 下
  • 蜜蜂と遠雷 上
  • 怒りの北陸本線
  • 山手線五・八キロの証言 / トラベル・ミステリー傑作集