• Author木内昇
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784167820015
  • Publish Date2011年9月

茗荷谷の猫

茗荷谷の一軒家で絵を描きあぐねる文枝。庭の物置には猫の親子が棲みついた。摩訶不思議な表題作はじめ、染井吉野を造った植木職人の悲話「染井の桜」、世にも稀なる効能を持つ黒焼を生み出さんとする若者の呻吟「黒焼道話」など、幕末から昭和にかけ、各々の生を燃焼させた名もなき人々の痕跡を掬う名篇9作。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 大誘拐
  • 望郷
  • 誘拐ラプソディー
  • むかしのはなし
  • 冷蔵庫を抱きしめて
  • ネバーランド
  • ヒカルの卵
  • ライ麦畑でつかまえて
  • 仮面山荘殺人事件
  • 姉の結婚