• 著者よしもとばなな
  • 出版社新潮社
  • ISBN9784101359144
  • 発行2002年10月

アムリタ 上巻

妹の死。頭を打ち、失った私の記憶。弟に訪れる不思議なきざし。そして妹の恋人との恋-。流されそうになる出来事の中で、かつての自分を取り戻せないまま高知に旅をし、さらにはサイパンへ。旅の時間を過ごしながら「半分死んでいる」私はすべてをみつめ、全身で生きることを、幸福を、感じとっていく。懐かしく、いとおしい金色の物語。吉本ばななの記念碑的長編。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 舟を編む
  • ゼロ / なにもない自分に小さなイチを足していく