• Authorルイス・キャロル 高山宏 佐々木マキ
  • Publisher亜紀書房
  • ISBN9784750515304
  • Publish Date2017年12月

鏡の国のアリス

鏡の向こうに見えるのは、キュートでフシギな新世界。

高山宏の新訳と佐々木マキの80点にものぼる描き下ろしイラスト(オール2色刷りり)で贈る、新訳・新挿絵版『鏡の国のアリス』

「鏡のお家へ通り抜けられたら、どんなにすてきだろうね!」 そう言いながらアリスは暖炉の上にあがっていたのですが、自分でもどうやってあがったのかわかりません。 そしてたしかに鏡が、銀色に輝くもやのようにとけてなくなりつつあるところでした。(本文より)

装丁・祖父江慎+鯉沼恵一(cozfish)

谷川俊太郎さん推薦!

鏡の国はコトバの国 アリスといっしょに 意味そっちのけでコトバたち 飛んだり跳ねたり踊ったり! ワオ! (谷川俊太郎)

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • バスにのって
  • ちいさいおうちうみへいく
  • ku:nel (クウネル) 2012年 01月号
  • 季刊 理科の探検 (RikaTan) 2015年 07月号
  • 北欧で見つけた、暮らしのデザインBOOK / インテリア・雑貨・テーブルウエア
  • クリスチャニア自由の国に生きるデンマークの奇跡
  • 旅するラオス・ルアンパバーン案内 / +ついでにハノイ&サパ
  • ブラジルの手しごと / 色彩とぬくもりのハンドメイド
  • ほんほん本の旅あるき
  • サーカスは私の〈大学〉だった