• Author仲正昌樹
  • PublisherNTT出版
  • ISBN9784757123694
  • Publish Date2018年2月

思想家ドラッカーを読む / リベラルと保守のあいだで

「マネジメント」「リーダーシップ」「プロフェッショナル」といった言葉ともに、日本でもビジネスマン、組織人を中心に大人気の経営学者・思想家のピーター・ドラッカーであるが、多作であることに加え、日本では彼の経営的側面・自己啓発的側面をそれぞれの分野の人が我田引水的に取り上げることも多く、その全体像はかえって見えにくくなっている。本書では、ドラッカーのテキストを精読することによってその思想を整理し、さらには同時代の西洋思想史(ナチズム・全体主義、自由主義、保守主義、アナーキズム、ユダヤ思想、ポストモダン思想)のなかに置き直し、その源泉と価値を見極め、新たなドラッカー像を提示することを目指す。そのうえで、日本におけるドラッカー人気とは、いったいなにを意味しているのかを考察する。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 抽象の力 / 近代芸術の解析
  • にぎやかな未来 改版
  • 全共闘以後 改訂版
  • 全共闘以後
  • 〈近代都市〉広島の形成
  • 新しく学ぶ西洋の歴史 / アジアから考える
  • 新もういちど読む山川世界史
  • 新もういちど読む山川日本史
  • 世界史とつなげて学べ超日本史 / 日本人を覚醒させる教科書が教えない歴史
  • 日本の起源