• Authorイマニュエル・ウォーラーステイン 松岡利道
  • Publisher藤原書店
  • ISBN9784894341777
  • Publish Date2000年5月

アフター・リベラリズム 新版 / 近代世界システムを支えたイデオロギーの終焉

本書では、1989年を、1789年から1989年に至る時代の終わりとして見なす方がより有益である、ということを論じるつもりである。1789年から1989年に至る時代は、近代世界システムの地球的規模におけるイデオロギー-著者のいう地政文化geoculture-であるリベラリズムが、勝利しかつ崩壊した時代であり、興隆し最後には消滅した時代である。このように考えれば、1989年という年は、フランス革命のスローガンが不可避的な歴史的真実を反映しており、現在あるいは近い将来において実現されるようになると多くの人々によって考えられていた政治的・文化的時代-目を見張るような科学技術的成果のあった時代-の終わりをなす年であるといえるだろう。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 個人の基本権としての庇護権
  • 2050年のメディア
  • 人に強くなる極意
  • ゆるく考えよう / 人生を100倍ラクにする思考法
  • 創造的脱力 / かたい社会に変化をつくる、ゆるいコミュニケーション論
  • 「真珠湾」の日
  • 失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇
  • コロナ論 / ゴーマニズム宣言SPECIAL
  • 100の基本 / 松浦弥太郎のベーシックノート
  • 媚びない人生