• Author高島徹治
  • Publisher三笠書房
  • ISBN9784837983941
  • Publish Date2016年3月

60代から簡単に頭を鍛える法

60代からの人生を、幸せに生きる人と生きられない人がいる。その差は、1つ。「頭の差」である。60代で頭が鍛えられていれば、生活が充実する。今や退職金と年金だけでは生活できずに「老後破産」する人が増え、社会問題化している。と同時に、昔と違って、今の60代は趣味を楽しむパワーがあふれている。60代になった皆が「生涯現役」で働く必要性と、「生涯現役」で人生を謳歌したいという願望が、最高潮に達しているのだ。
本書は、朝と寝る直前の効果的な過ごし方から、最適な睡眠の仕方など、生活習慣の一部を変えるだけで、簡単に「覚える力」と「考える力」を高める方法満載!
「東町3丁目・本町1丁目――似ているものを覚える法」や「付箋を使って記憶力を高める法」など、身近なものを使って、数分で実践できる脳トレも満載!
勉強嫌いの人でも、知らないうちに頭を鍛えられること間違いなし!
読んだ人から、1日1日が変わる!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • サヨナライツカ
  • 自分を不幸にしない13の習慣
  • 大好きなことをやって生きよう! / 才能の見つけ方、育て方
  • 精神科医が教える平穏な「老い支度」
  • 上機嫌な自分でいるコツ
  • 眺めのいい部屋
  • ふたりの老女
  • 風の歌を聴け
  • 幸せなひとりぼっち
  • 人生100年、長すぎるけどどうせなら健康に生きたい。 / 病気にならない100の方法