• Author城山三郎
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784101133348
  • Publish Date2010年8月

そうか、もう君はいないのか

彼女はもういないのかと、ときおり不思議な気分に襲われる-。気骨ある男たちを主人公に、数多くの経済小説、歴史小説を生みだしてきた作家が、最後に書き綴っていたのは亡き妻とのふかい絆の記録だった。終戦から間もない若き日の出会い、大学講師をしながら作家を志す夫とそれを見守る妻がともに家庭を築く日々、そして病いによる別れ…。没後に発見された感動、感涙の手記。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 嫌われる勇気 / 自己啓発の源流「アドラー」の教え
  • 韓国気まぐれ列車
  • レトロな旅時間ポルトガルへ
  • とらえどころのない中国人のとらえかた : 現代北京生活事情
  • 世界は小さな祝祭であふれている 新装版
  • 文字を作る仕事
  • 雲南の豚と人々
  • 詩のトビラひらけごま!
  • ラオスにいったい何があるというんですか? / 紀行文集
  • 恋のゴンドラ