• Author写楽編集部
  • Publisher小学館
  • ISBN9784091054395
  • Publish Date2013年6月

日本国憲法 第2版

『日本国憲法』、まず読んでから考えよう
1982年、大きな活字と29葉の写真とともに、日本国憲法(昭和22年5月3日施行)の原典を、「読みやすく楽しく手に取れるように」と企画・発行され、これまで37刷92万部のベストセラー&ロングセラーの単行本『日本国憲法』を、軽装版にして、求めやすい価格で刊行する企画。
現行憲法制定から66年、私たちが拠り所としてきた「日本国憲法」を改正しようということが、この夏の参議院議員選挙の争点となりつつある。まずは96条の改正条項を改正し、そののち自主憲法を制定しようという動きである。戦争の放棄を明記した「日本国憲法」は世界に誇る平和憲法として知られてきた。その誇るべき条文も含めて、所与の憲法は、現在の世界状況にそぐわないという。国家権力を規定し、基本的人権を保障した現行憲法を、ここで変えるのか変えないのか。これはとりもなおさず日本という国の存在そのものが問われているのである。日本のこれからを考えるのに、まず「憲法」にはなにが記されているか読んでみてから考えることが肝心なのでは。読んで、考えて、また読んでみる。一家に一冊、必備の『日本国憲法』、まずは軽やかなデザインの本を手に取ってみてください。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 太平洋を渡って日本人になった古代アメリカ人
  • みんなぁのおかげです。
  • 本を読んだら、自分を読め / 年間1,000,000ページを血肉にする“読自”の技術
  • 超一流の雑談力
  • 拝啓、本が売れません
  • ひとを〈嫌う〉ということ
  • 今日も嫌がらせ弁当 / 反抗期ムスメに向けたキャラ弁ママの逆襲
  • ひとりごはん / 簡単なのにすっごくおいしい
  • Cook bookポテト
  • 朝ごはんと俳句365日