• Authorよしもとばなな
  • Publisher幻冬舎
  • ISBN9784344419094
  • Publish Date2012年8月

もしもし下北沢

父を喪い一年後、よしえは下北沢に引っ越し、ビストロ修業に励んでいた。父の匂いはもうかげないし、言いたかった言葉は届かない。泣いても叫んでも時は進んでいく。だが、母が淹れる濃くて熱々のコーヒーにほっとし、父の友人の言葉で体と心がゆるむ瞬間も、確かにある-。殺伐とした日々の深い癒しと救済を描いた、愛に溢れる傑作長編。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • パイロットフィッシュ
  • ぼくのメジャースプーン
  • デッドエンドの思い出
  • 八月の六日間
  • キッチン
  • Tugumi / つぐみ
  • イラスト版子どものアサーション / 自分の気持ちがきちんと言える38の話し方
  • モモ